はじめまして!川島実です

はじめまして!川島実です。

 

 私は、津波で傷ついた東北の町で、懸命に生きようとする人たちに共感して、微力な

がら復興と笑顔のために尽力して参りました。

 

そして今回、自分の故郷である奈良のために、命がけの仕事をする覚悟を決めました。  

 

奈良県は、関係者に十分な説明がないまま、県立高等学校再編計画(統廃合)を強引に推し進めようとしています。また県民の皆様の命を守るべき多くの場所で耐震問題をおざなりにしてきたこともわかってきました。その反面、多額の資金を投入し高級ホテルを随所に建設しようとしています。 

これらは、奈良県政が県民との対話を軽視している、わずかな例に過ぎません。

たちの大切な奈良県を、県民を守るための政治を他人任せにはできない、自ら責任を負うべきだとの思いが強くなりました。

 

私は医師として「死」という正解のない問題の答えは、当事者との対話からしか導けないことを数多くの現場で学んできました。

 

課題には「対話と共感」を大切に取り組みます。

 

すべてゼロからのスタートです。

 

奈良県の政治を他人任せにしない

自分のことと考えて行動できる

 

このための仲間を増やすのも私たちのミッションです。

県民の皆様とともに一歩ずつ歩んでいきたいと思います。

 

どうぞ今後の活動を見守り、応援いただければ幸いです。

 

  川島 実(かわしまみのる)